FEATURE

新型ノア・ヴォクシー特集

新型ノア・ヴォクシー セラミックドット対応フィルムのご案内 新型ノア・ヴォクシー セラミックドット対応フィルムのご案内

新型ノア・ヴォクシー
セラミックドット対応フィルムのご案内

2022年、新型ノア・ヴォクシーが発売されました。

新型になったノア・ヴォクシーにも、スライドドアのセラミックドットが付いてきてしまいました。

新型ノア・ヴォクシーでカーフィルムを検討しているお客様には、是非最後まで目を通して頂ければと思います。

ドットとは?

ノア、ヴォクシーのスライドドアガラスに付いた黒い点々のことを言います。

進行方向に約4センチ、後方に10センチほどの幅でドットが付いております。

お車を購入ついでに注文できるメーカーオプションフィルムは絶対に止めておいた方がいいと思います。
前モデルで営業マンの方も分かっていますので、おすすめはしてこないと思いますが念の為ご説明しておきます。

純正フィルムは、スライドドア両サイドのドット部分には、フィルムを貼ってもらえない仕上げ方法となってしまいます。
ガラスの真ん中のみフィルムが貼ってあり、ドット部分の両サイドにはフィルムが無い状態となります。

捲れることを防ぐ為だと思いますが、内側から見たらものすごく不自然です。

失敗されないよう確認して頂ければと思います。

当店では前モデル同様、通常フィルムとドット対応フィルムをご選択頂けます。

通常フィルムの場合

こちらの画像は通常フィルム・ウインコスのスタンダードで作業した状態です。

▲進行方向後方部分(クリックで拡大)
▲進行方向前方部分(クリックで拡大)
▲内側(クリックで拡大)

内張りは取り外し、ドット部分の下までの貼り付きをしっかり確認しております。
テストを繰り返し、施工液もドット車専用に調合し、ムラなく均一になるように仕上げております。

このスライドドア前後に付いているセラミックドットは、ガラス面より高さがある点々の状態です。

通常のフィルムでは糊厚が足らなくなり、空洞ができ白く浮いたように見えてしまいます。
無理に押さえ込んでもムラになってしまいますので、ドットのてっぺんに均一に貼り付くように仕上げております。

ドット対応フィルムの場合

ドット対応フィルムは外から見た時に、通常フィルムのような浮きが目立たなく仕上げられます。

通常フィルムより糊の厚みが4倍ほどあるため、少し視界が犠牲になると感じる方もお見えになります。(運転に支障のないレベルです)

このフィルム販売会社さんもドットのあるスライドドア2面のみに使用する作業を推奨しております。

スライドドア2面と後部3面が違う商品となってしまう・・・

当店としてはそれもどうなの?と感じますので、ドット専用フィルムで後部全面を貼ることも受け付けています。

【施工実例】

▲内側進行方向(クリックで拡大)
しっかり糊が隙間に入っているのがお分かりでしょうか。
▲内側進行方向後方部分(クリックで拡大)
ソリューションの調整で可能な限りムラなく密着させています。
▲視界(クリックで拡大)
今回はドット対応品の5%で後部5面を作業しました。
▲全体(クリックで拡大)
▲進行方向前方部分(クリックで拡大)
▲進行方向後方部分(クリックで拡大)

オーナーのコメント

新型ヴォクシーにドット対応フィルム5%施工しました。

専門店の目で見れば、室内からの視界は糊の薄いフィルムには勝てませんが、十分すっきり見えました。

外から見た時にドットは気になりませんし、プライバシーガラスに5%を貼ってこの視界を確保できるなら、個人的にはドット対応品で後部全部貼るのはおすすめだと思います。

ドット対応フィルムの作業法

ドット対応フィルムだからと言って、いつも通り貼るだけではドットの高さに負けて浮きは出てしまいます。

外から少しでもドット部分の白い浮きが目立たなくなるよう、内側ドット部分はフィルムを温めながら押さえ込んで密着させます。

室内からドット部分を見たときには、その処置をしたムラは多少出てしまうことは事前にご了承ください。

ドット対応フィルムは外からの浮きを目立たなくすることを最重要にした商品として選択をお願い致します。

金額のご案内

ノア・ヴォクシー ウインコス・スタンダードフィルム 39,600円(税込)
ドット専用フィルム 44,000円(税込)
  • 後部全面使用でもスライドドア部分のみでも料金は同じとなります。
  • 色はスモークタイプのみとなり、濃さは5%、15%、25%からご選択ください。
  • UVカット、遮熱効果ありの商品です。

※作業にも手間が掛かりますので、通常フィルムより少し金額がアップしてしまうことはご理解お願い致します。

※ドット部分が少しでも目立たなくなるよう精一杯努力させて頂きます。


前モデルのノア、ヴォクシーでの作業比率はこのような感じでした。

男性の方にはやはりドット対応フィルムが人気でした。やはり見た目を気にされる方が多く感じました。

女性の方だと、こういうものなんですね!という感じで通常フィルムでご納得して頂いたように思います。

自分だったら?

やはりドット対応品を使うでしょうか。

後部5面に使うか?スライドドアのみにするかは最終判断となりそうですが、
見た目重視でスライドドアにはドット対応品を使うかなぁ~?と思います。

フィルムは常時在庫しておりますので、お客様の目でご確認ください。

セラミックドットをどのように貼るかは相談しながら決めて行きましょう。

ご来店お待ちしております。

トップページに戻る
ページの一番上へ